フェイクミート About Fake Meat

FAKE MEATが誕生した理由とは?

人口増加による食糧危機、動物愛護、家畜の飼育問題、地球環境問題など様々な問題が挙げられますが、その中の一つとしてミレニアル世代の考え方も大きな要因と言えます。

13151008_100528313698727_1670670729_n

 

(ミレニアル世代とは?)

ミレニアル世代とはインターネットが普及した環境下で育った最初の世代です。現在では世界のあらゆる産業を揺り動かしています。食肉産業もその一つで、消費者は急速に従来の食肉から離れ、植物べースの代替肉を選択するようになってきています。これは、数年前から世界的に見られる傾向です。世界の主要企業およそ4000社を顧客に持つ英調査会社グローバルデータによると、肉を食べない、または消費量を減らしている人は、世界人口の70%に上ると見られるという。

「こうした変化は主に、ミレニアル世代によってけん引されている。この世代の多くは食品の購入に関する意思決定において、供給源や動物福祉の問題、環境影響についてよく考えている」ただ、こうした変化はこの世代だけに見られるものではなく、各界のセレブリティやアスリートたち、グーグルなどの企業や中国などの国々も、より多くの植物ベースの食品を取ることを支持している。 Forbes記事引用 2018/4/1

 

【キーワードは「食べるエコ」】

「1、環境に優しい」
家畜のなかでもとりわけ牛は計り知れないほどの食物と水(最大で牛1頭あたり年間およそ4万1,600リットル)を消費し、広大な土地を必要とする。さらに、牛の消化活動によるメタン排出は地球温暖化に対してもよくない(牛の排出ガスは、世界中の温暖化ガス排出の10パーセント)→植物性のお肉を食べることで環境問題の改善に繋がります。

 

「2、植物性なのでとってもヘルシー」
(ビーフパテ100g当たりと比較)
カロリー246→186(30%ダウン)
脂質17g→8.1g(50%ダウン)
コレステロール38g→0g(100%ダウン)
たんぱく質16g→18.6g(20%アップ)

 

「3、ベジタリアンにも対応」
日常的にお肉を食べる方に向けて作られていますが、植物性なのでベジタリアンの方や一部ヴィーガンにも対応しています。