世界で初めてベジタリアン向けの肉屋を始めたオランダのベジタリアンブッチャーが日本に上陸!味も見た目もお肉!でも実はお肉ではないんです!

ベジタリアンのアスリート2


オリンピックといえば《はだしの英雄》アベベも、印象に強く残っている一人だ。
1960年のローマ大会と、1964年の東京大会で、オリンピック初のマラソンの連続金メダリストになった。
ローマ・オリンピックでのアベベ・ビキラのタイムは2時間15分16秒2。
たいまつの燃えるコンスタンチンのゴールへ真っ先に姿をあらわしたのは下馬評にものぼっていなかったエチオピアのアベベだった。
りっぱな記録もさることながら、人々をもっと驚かせたのは、アベベがはだしだったことである。
アベベはエチオピア皇帝の護衛士官だったが、
「毎朝みんなといっしょに兵営を出て、約100kmほどアフリカの山野をかけめぐる。
この間食べるのは木の実や野イチゴだ」と語った事から、彼の優勝は『野生の勝利』といわれた。
東京大会でも、2時間12分11秒2の世界最高タイムで優勝したが、ゴール後、「もう一度走れといわれたら走ってみせる」と豪語した。たいへんなスタミナである。

(引用元 菜食を実践して勝利を得たアスリートたち

 

個人的にもマラソン界でもっとも記憶に残っている選手の一人です。

裸足で42.195キロを走るなんて今じゃ考えられないですね。

 


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree